読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇なときにでも

日々起きた出来事やふと思いついたことを書きます。たまに本、映画、広告のことも。

日本昔話の深すぎる闇

日本昔話のとんでもない問題作を見つけてしまいましたよ。

 

『オコゼの片思い』っていうやつなんですけど。

 

簡単にあらすじを説明します。

 

主人公は魚のオコゼ君です。

 

オコゼ君はあることを悩んでいました。

 

それは顔が鬼のように怖いこと。

 

そのせいで密かに思いを寄せているボラさんに告白ができません。

 

ある日、友達のヒラメ君にそのことを相談するとこう答えてくれました。

 

「男は顔じゃなくて中身だろう!」と

 

「当たって砕けろ!」と。

 

ヒラメ君の言葉に背中を押されてオコゼ君はボラさんに告白することを決意します。

 

っていう話なわけですよ。

 

視聴者にはオコゼ君のように顔面にコンプレックスを持った人もいますよね。

 

俗に言うブサメンです。

 

もちろんおれもそんなブサメンの一人です。

 

じゃあそんなブサメン視聴者はどんな気持ちでこの話を見ているか。

 

『オコゼ君はおれ達に希望を与えてくれようとしている』ですよ。

 

ブサメンズはベンチから声を張り上げてオコゼ君を応援してるんですよ。

 

そんな状況を思い浮かべた上でその後の展開をご覧ください。

 

オコゼ君「ボラさん、ワシは生まれつき顔は醜いが心はキレイだ。どうか嫁になってくれ」

 

オコゼ君の恋のPKをブサメンズは固唾を呑んで見守ります。

 

シュートが決まればオコゼ君に駆け寄って胴上げする準備もできてます。

 

さぁ、ボラさんはどう答えるのか。

 

 

 

ボラさん「オコゼ君のお嫁さんになるなんて死んでもいやぁ~!!」

 

この瞬間、膝から崩れ落ちていくブサメンズ。

 

やっぱり、顔か、と。

 

しかもボラさん全力疾走でその場から逃げ出します。

 

この期に及んでさらなる追い打ちをかけてくるボラさん。

 

アフターフォローは一切なし。

 

ブサメンズが解散しかけたそのとき。

 

オコゼ君「待ってくれ、ボラさん!!」

 

なんとオコゼ君、そこで諦めずにボラさんの後を追いかけます。

 

まだロスタイムがあったんだ。

 

息を吹き返したブサメンズも応援を再開。

 

頑張れー!!一発逆転決めてくれー!!

 

誰もが奇跡が起きると信じていた。

 

すると突然、画面が暗転。

 

何故か居酒屋のシーンへと切り変わる。

 

え?

 

ブサメンズも困惑する中、ナレショーンが入ります。

 

「恋に破れたオコゼ君は、海底に沈んで過ごすようになりました。オコゼの腹わたが美味しいのは、こういう事があったからだそうです。美味しいよね!!」

 

・・・。

 

美味しいよね!!

 

じゃねーよ!!

 

どんだけ救いようのないオチなんだよ!!

 

百歩譲ってブサメンズをどん底まで叩き落としたことには目を瞑りますよ。

 

ただ純粋な子供がこれを見て何を学びますか。

 

あぁ、内面をどれだけを磨いても意味がないんだなと。

 

きっとそう思いますよ。

 

そうなったら自分に自信を持てないブサメン達が今後増えていきますよ。

 

結果、日本はイケ面が支配する国になってしまいますよ。

 

国会の席がジャニーズで埋まってもいいんですか!!

 

なので女性のみなさん。

 

ブサメンにこそ優しくしてあげてください。

 

では。