暇なときにでも

日々起きた出来事やふと思いついたことを書きます。たまに本、映画、広告のことも。

地球のコピーと仕事のコピー。

そーれそれそれ!!

 

お祭りだー!!!!

 

わーっしょい!!!

 

わーっしょい !!!

 

 

…とりあえず景気付けに。

 

何の脈絡もなく、テンション上げてみた。

 

 

ほんと最近。

 

人と会わなすぎておかしくなってる。

 

思考が乙女化してるというか。

 

たまには連絡を取り合うし、たまには電話もする。

 

でも、会いたいもんは会いたい。

 

 

さて、気を取り直して。

 

みんながSKATの到着で盛り上がってる昨今。

 

ここはあえて、4月分の公募コピーを上げていくよ。

 

というのも、去年の宣伝会議賞

 

自分で考えたコピーを送る前に全消去するという、

 

公募メンヘラみたいなことしちゃったから。

 

 

『地球のコピー』(コピトレ)

 

 

・この星は、かよわいヒロインだ。

 

わりと自信作かもしれない。

 

作り手が何を言いたいのか。

 

読み手にどうしてほしいのか。

 

見た瞬間、自然に伝わればいいな。

 

 

・生みの親、育ての星。

 

これも好き。

 

ただ、置きにいってる感が否めない。

 

しかも若干、被りそうな気配。

 

 

・絶景を求めるなら、ぜひ地球へ。

 

なんか、簡素。

 

絶景の数とか明確な情報を入れた方がいいな。

 

このままだとスッカスカ過ぎる。

 

  

・私の体重を増やす意地悪なやつ。

 

いや、地球を悪者にしてどうする。

 

 

・スカートの中、覗き放題。

 

ノーコメント。

 

 

<総評>

 

みんながどう考えてるのか全く分からん。

 

お題が壮大すぎて、考える糸口を掴みづらかった。

 

環境問題を解決させる?とか。

 

宇宙人に地球をPRする?とか。

 

もし、昨日今日アース的なのが選ばれてたら。

 

激おこ。

 

 

『仕事のコピー』(C-1グランプリ)

 

 

・私の戦場

 

さんまさんも仕事のこと戦場って言ってた。

 

 

・ビールをより美味しくする工程

 

ポジティブだけど、仕事を軽んじ過ぎてる。

 

「の後のビールが最高なんだよなぁ」

 

ぐらいにした方が気持ちよかったかな。

 

 

・(幸)運送業

 

こういう字面だけにこだわったコピー。

 

前職の社長にチェック出したら。

 

間違いなく、ボロカスに言われてる気がする。

 

 

<総評>

 

現状、仕事に対して悩んでることもあって。

 

あんまり楽しくは考えられなかった。

 

自分の中の価値観もブレにブレまくってるし。

 

幸せとか、成長とか、仲間とか、挑戦とか。

 

そういう綺麗事にフォーカスしないで。

 

泥臭くて、面白い言葉がグランプリ獲ってほしいな。

 

 

以上、こんな感じ。

 

ここまで、公募系記事のアクセスが一番多くて嬉しい。

 

今年こそはちゃんと宣伝会議賞、参戦するぞ。

 

では。

ザ・ノンフィクション 〜ヒーローの抱える苦悩と本音〜

「今は気軽に顔も食べてもらえませんからね」

 

――そう語る彼の横顔に――

 

――かつての優しい笑みはなかった――

 

 

 

f:id:akiyamakaeru:20200525192637p:plain 

 

 

 

『ザ・ノンフィクション

 

~ヒーローの抱える苦悩と本音~』

 

 

 

「おいこらバタ子ぉ!!

 

何で酒切らしとんねんわれぇ!!」

 

スタッフ(以降ス):もしかして、あれって…

 

「あぁ、ジャムおじさんです」

 

ス:裏ではいつもあんな感じなの?

 

「いや、コロナ騒動からですね。

 

実はあの人、パン焼き中毒なんですよ」

 

ス:パン焼き中毒?

 

「まぁ、見ての通りですね。

 

長時間パンを焼かないと、理性を失うみたいで」

 

ス:今はお店開けられないもんね。

 

「そうなんですよ。

 

作っても、食べてくれる人がいませんから」

 

 

 

ス:そう言えば、バイキンマンとは最近どう?

 

「今は戦うどころじゃないですね。

 

実家が大変なことになってるみたいで」

 

ス:彼は(コロナ騒動には)無関係だよね?

 

「えぇ、もちろん。

 

ただやっぱり、風評被害はあるみたいですね。

 

日中、心ない電話が鳴り止まないと」

 

ス:もしかして、連絡取り合ってるの?

 

「LINEですけどね。

 

あ、これオフレコでお願いします」

 

 

ス:他のヒーローも自粛中?

 

「あいつらは終わってますよ、正直」

 

ス:え、何かあったの?

 

「キャバクラ行って、謹慎食らってます」

 

ス:食パンマンとカレーパンマンで?

 

「あとカバオですね」

 

ス:カバオは確か未成年だよね?

 

「そうです、だから炎上しまくってますよ」

 

ス:我慢できなかったのかな。

 

「マジでありえませんよね。

 

ヒーローとしての自覚が足りないんですよ。

 

場合によっては、解散も考えてますから」

 

 

ス:ヒーロー業界にも打撃あるんだね。

 

「〇〇戦隊〇〇レンジャーみたいな、

 

いつも五人で戦う人達いるじゃないですか」

 

ス:あぁ、昔はゴレンジャーとかいたね。

 

「密とかソーシャルディスタンスとか。

 

やっぱり住民達から色々と言われてるみたいで」

 

ス:確かに、距離近くなりがちだもんね。

 

「笑っちゃうんですけど。

 

お互い2m以内に近づくと鳴るブザーがあって。

 

全員でそれつけながら戦ってるらしいです」

 

ス:とても戦いづらそうだね…

 

「あと、合体技を出せないからでしょうね。

 

倒すまでにいつもの5倍ぐらいかかってました」

 

ス:なんか…本当にお疲れさまです。

 

「磁石系の敵が来たら、地球終わりですよ」

 

 

ス:今日は忙しい中、ありがとうございました。

 

「いえ、僕はいつもキャンキャン鳴いてるだけなんで」

 

ス:それでは、チーズさん。

 

最後に視聴者の方へのメッセージをどうぞ。

 

「ドッグフードは、ペティグリーチャム派です」

 

 

生きて~る生きて~いる~。

 

――手洗いうがいを済ませた彼は――

 

その現だけが~ここにある~。

 

――犬小屋の奥へと姿を消した―――

 

 

恐るべしアマゾネス。

やっほい。

 

暇すぎて、アマゾネスについて調べてみた。

 

特に深い意味はないけど。

 

ほぼ日の糸井さん風に書いてみる。

 

 

「アマゾネス」

いち度は聞いたことがあるかもしれない。

もちろん、ぼくだって名前ぐらいは知っていた。

声に出してみれば、とても強そうな音の響き。

とくに、ゾネスの部分がいい。

ぼくって言うより、ぼくゾネスの方が強そうだし、

嫁さんより、嫁ゾネスの方がしっくりくる。

いや、ぼくはそんな風に思ったことないけど。

 

調べてみて、驚いた。

アマゾネスと呼ばれるようになった、その由来。

先に言っておくと、アマゾンは関係ない。

今、ドキっとした人がいたら、ぼくと同じ。

どうやら、乳がない、という意味からきているらしい。

アマゾネスは、弓を引く時じゃまになるから、

右の乳を切り落としていたと言われている。

えものを仕留めるため、てきを討ち取るため。

底の知れない、すさまじい執念を感じる。

ぼくゾネスには、とてもまねのできないことだ。

乳首だけでも、たぶん無理。

 

もうひとつ、驚いたことがあって。

女性だけの社会を作るため、もしも男が生まれたら、

我が子であろうと、奴隷扱いしていたというのだ。

きっと、食事で好き嫌いをしたら、右乳首をちょきん。

門限をやぶろうものなら、左乳首をちょきん。

幼き頃のぼくゾネスは、中々にやんちゃ者だったから、

あっという間に、ダブルちょきんされていたかも。

 

男尊女卑、女尊男卑。

フェミニズムフェミニスト

世の中には、性別を分ける言葉がたくさんある。

男だからとか、女だからとか。

目を向けるべきは、もっと別のところにあると思う。

上手く言えないけど、乳首は右と左にふたつある。

右の乳首は、左の乳首よりも大切だろうか。

そこに答えはないように、両方を尊ぶべき場合もある。

どちらかと言えば、ぼくゾネスは右派だけど。

でも、左乳首があるから、右乳首のよさが分かる。

だから、男は女を、女は男を。

お互いに支え合って、高め合って、引き立て合って。

そして心の奥底から、認め合っていく。

単純だけど、今はそれでいいんじゃないかなぁ。

 

今日も「ほぼに…

 

言わせねーよ!!!!

 

こちら、いろんな覚悟を決めた後に上げました。

 

ちなみにアマゾネスの記述については諸説あります。

 

あと、ほぼ日、ほぼ毎日見てます。

 

では。

公募の沼へ、再び。

やっほい。

 

スターバックスって敵っぽいけど。

 

ドトールって味方っぽいよね。

 

 

さておき。

 

色々あって長いこと手を出せていなかったコピー公募。

 

ひっそりと再開してみた。

 

とりあえず、コピトレC-1グランプリだけ。

 

そして、この度。

 

なんとなく送ったコピーを晒してみようかと。

 

ちなみに今回は3月分。

 

 

『マスクのコピー』(コピトレ)

 

 

・息苦しいけど、心苦しくない。

 

 

苦しいを重ねてみたけど、響かないな。

 

 

・鼻って、閉じれない。

 

当たり前すぎるやろ。

 

 

・以来、あだ名がパンデミックになった。

 

職場の同期の事実。

 

やがてはパンちゃんと呼ばれてた。

 

 

・行き着けの店を潰すわけにはいかないから。

 

だったらそもそも行かないか。

 

 

・マスクをしてない人の顔はよく見える。

 

正義マン視点。怖い。

 

 

<総括>

 

自信作なし。

 

全てにおいて負のイメージが強すぎるかも。

 

マスク付けなきゃってならん。

 

 

『嘘のコピー』(C-1グランプリ)

 

 

・これ見た人全員に焼肉奢ります。

 

これがグランプリなら、にするか迷った。

 

焼肉奢るの破壊力たるや。

 

 

・まんじゅう怖い、あと美女も。

 

嘘と言えば、個人的にはこれ。

 

 

・おれに優しくすると、コロナ予防に効くらしい。

 

デマ情報を逆手に取れたらなと。

 

おれに、を人に、にするか迷った。

 

 

 

 

<総括>

 

自由度高くて、考えてて楽しかった。

 

ってことは競争も激しいだろうから、入賞は厳しそう。

 

この手のお題はいかに狂気を醸し出せるかだと思う。

 

グランプリのコピーは絶対面白いだろうな。

 

 

以上、こんな感じ。

 

次は4月分を晒していこうかな。

 

あとこのブログ。

 

公募系に関して反応もらえたら多分、泣く。

 

では。

愛と男とサボテンと。

やっほい。

 

めっちゃ久しぶりにブログを更新してみる。

 

なぜなら、ずっと家にいて暇すぎるから。

 

どれくらい暇かと言うと。

 

“ホットケーキをどこまで薄く焼けるか”

 

という挑戦に楽しみを見出してるくらい。

 

クレープくらいの薄さを目指してるけど中々難しい。

 

職場の後輩に話したら。

 

「やっぱり変な人だったんですね」と言われた。

 

やっぱりとはこれ如何に。

 

 

さておき、本題。

 

ある日、先輩が教えてくれた。

 

「男が絶頂に達する時って、IQ2になるらしいよ」

 

何の前触れもなく突きつけられた言葉。

 

目を覆い、耳を塞ぎたくなるような真実だった。

 

さらに先輩から、第二の矢が放たれた。

 

「それ、サボテンと同じなんだって」

 

 

記憶の海を走馬灯のように駆け巡る。

 

あの時も、あの時も、はたまたあの時も。

 

まさかサボテンと同じIQだったなんて。

 

「おれ、賢者タイムだから」

 

などと余裕かましてた自分を心の底から悔いた。

 

そして、恐ろしいことに気付いてしまった。

 

 

もし、意中の女性がこの事実を知っていたら。

 

例えばどんなに最高のデートを成功させたとしても。

 

その夜、最後の最後に男はこう思われる。

 

「あ、この人、今はサボテンと同じIQなんだ」と。

 

そこから我々はどう挽回すればいいのか。

 

優しい言葉を投げかける。

 

想いを込めたプレゼントを贈る。

 

しかし、悲しいかな。

 

結果的にDearサボテンの烙印を押されてしまう。

 

 

それに、立場を逆に考えてみればすぐに分かる。

 

自分の好みど真ん中な女性が目の前に現れたとして。

 

よしんばそれが石原さとみだったとしても。

 

中身がサボテンだと分かった瞬間。

 

百年の恋であれ、瞬間冷凍されるだろうなと。

 

 

いや、方法がないというわけでもない。

 

単純にめっちゃクレバーな振る舞いをすればいい。

 

最も重要なのはタイミング。

 

女性からサボテンとだと思われる前に先手を打つ。

 

絶頂に達したその直後。

 

ティッシュに手を伸ばすと見せかけ。

 

おもむろに鞄から“ニューヨークタイムス”を取り出し。

 

あくまでもクレバーに後処理。

 

 

すると女性はこう思うはず。

 

ティッシュの代わりに英字新聞なんて素敵!」

 

「この人はサボテンにならないタイプだったんだ!」

 

と、ね。

 

 

…何よりもこれだけは言える。

 

好きな植物を聞いて、サボテンと答える女性がいたら。

 

そのお方は紛れもなく我々の救世主なのである。

 

では。

 

鈍行電車でゆくひたすら北を目指す旅⑥(旭川~稚内)

~6日目~

 

日本最北端の地。

 

凍てつく大地の果て。

 

大自然の祖なる場所。

 

最終目的地:宗谷岬

 

ついに最後の旅路となりました。

 

ここまで鈍行電車しか使用しておりません。あと船とバス。

 

座りすぎておしりの筋肉が痺れてます。

 

この日やることはもちろん、宗谷岬に向かうこと。

 

しかし、最後にして最大の難関が待ち構えていました。

 

要点をまとめるとこうなります。

 

宗谷岬の最寄り駅である稚内には漫画喫茶がない。

⇒つまりその日の内に旭川まで戻らなければならない。

 

旭川稚内まで片道6時間弱かかる上に本数が少ない。

⇒始発での出発が必須でありかつ乗り間違えは許されない。

 

稚内宗谷岬までのバスの本数も少ない。

⇒バスも同じく乗り間違えは許されない。

 

一回のミスがこの旅の終了を意味すると言っても過言ではありません。

 

でも、ここまで来たからには、やるしかないんです。

 

早速、稚内行きの始発電車に乗車。

 

6時間ただひたすら外の景色を眺めます。

 

この旅のために小説を3冊買いましたが全て読破してしまいました。

 

f:id:akiyamakaeru:20180810214055j:plain

 

途中、寂しくなりすぎて、運転手さんの後ろに無言で立ち続けたりしていましたが、なんとか稚内駅に到着。

 

バスが来るまで2時間ほど空いていたので昼食をとることに。

 

f:id:akiyamakaeru:20180810214129j:plain

 

うろこ亭というお店で食べられるウニ丼。

 

贅沢の極みかと。

 

美味すぎて顔がとろけました。

 

f:id:akiyamakaeru:20180810214230j:plain

 

市場では稚内牛乳なるものを買って飲んでみました。

 

めちゃクリーミーでうましです。

 

そうこうしている内にバスの来る時間に。

 

いざ、宗谷岬へ。

 

 

 

そして・・・。

 

 

 

そして・・・。

 

 

 

そして・・・!

 

 

 

f:id:akiyamakaeru:20180810214320j:plain

 

宗谷岬、到着!!!!

 

 

宿泊ホテル数:0

 

 

特急電車使用回数:0回

 

 

鈍行電車乗車時間:約45時間

 

 

途中停車駅数:420駅

 

 

とんでもなく時間と労力をかけましたが・・・。

 

無事に最終目的地まで到達できました!!

 

ちなみにこれが旅を終えた男の顔。

 

f:id:akiyamakaeru:20180810214707j:plain

 

疲労からか死亡する3日前みたいな目をしていますね。

 

突然ですが、ここで問題です。

 

この写真を撮る前にある出来事が起きてテンションがガタ落ちしています。

 

さて、その出来事とは何でしょう。

 

答えは最後に発表ということで。

 

目的を達成した後は、稚内駅まで戻り晩ご飯を食べました。

 

f:id:akiyamakaeru:20180810214815j:plain

 

デノーズというお店のスラッピージョーというメニュー。

 

見た目と名前のラスボス感が凄まじいです。

 

めちゃくちゃでかいハンバーガーにチーズとトマトソースがかかってます。

 

鉄板からはみ出るほどのボリュームでしたが案外ぺろりといけました。

 

パンがふわふわで食べやすかったからかもしれません。

 

そして食後、また6時間かけて旭川まで戻りました。

 

~7日目~

 

f:id:akiyamakaeru:20180810214849j:plain

 

無事に旭川まで戻ってこれました。

 

フリーパスの使用期限が1日だけ残っていたので、最後に旭川を観光してから帰ることに。

 

f:id:akiyamakaeru:20180810214919j:plain

 

f:id:akiyamakaeru:20180810214943j:plain

 

f:id:akiyamakaeru:20180810215017j:plain

 

とりあえず、旭川のラーメン屋巡り。

 

上から、蜂屋のブラック醤油ラーメン、玄の豚骨醤油ラーメン、一幻の海老味噌ラーメンです。

 

どれも美味しいですが、強いて言うなら一幻がおすすめです。

 

それからちょうどゴールデンカムイにはまっていたこともありアイヌ記念館へ。

 

f:id:akiyamakaeru:20180810215052j:plain

 

右半分にブルーシートが被さっているのが分かるでしょうか。

 

係員の人に話を聞いてみると、雪の重みで屋根が崩れたんだそうです。

 

けが人はでなかったそうでなにより。

 

左半分は無事らしく見学させてもらうことに。

 

アイヌの民は獲った熊の子どもを育てるなど、いろいろ面白いことを知れました。

 

そして時間は過ぎ、飛行機の時間に・・・。

 

そう、帰りは飛行機に乗って帰りました。

 

あんなに節約とか行ってたのに飛行機を使ってしまいました!

 

またあんな地獄みたいな思いをして東京まで帰りたくなかったんです!

 

こればっかりは勘忍して下さい!たのんます親分!

 

というわけで、鈍行電車でひたすら北を目指す旅は幕を閉じましたとさ。

 

めでたしめでたし。

 

 

 

 

 

<問題の答え>

 

電車に乗り過ぎたのと最北端の寒さにやられたのとで・・・。

 

 

 

 

 

う○こを漏らした。

 

正解者の中から抽選で1名様に当時のパンツが贈られます。

 

それでは。

鈍行電車でゆくひたすら北を目指す旅⑤(札幌~旭川)

~5日目~

 

そこに広がるは大都会、札幌。

 

この旅中で断トツの栄えっぷりです。

 

とにかくいろんなお店がひしめき合ってました。

 

レジャー、飲食、居酒屋、ホテル、何でもござれですよ。

 

そんな風景に感動しつつこの日やるべきことを確認。

 

最初の目的地へ出発!

 

f:id:akiyamakaeru:20180807235008j:plain

 

ベタ中のベタこと時計塔。

 

噂にたがわぬ何も無さでした。(失礼)

 

f:id:akiyamakaeru:20180807235039j:plain

 

ただ、内部に展示されていたこの振り子時計は見れてよかったです。

 

続いて向かったのは鮭専門店の丸亀さん。

 

f:id:akiyamakaeru:20180807235127j:plain

 

実は食べ物の中でも頂点に君臨するんじゃなかってくらい鮭が好きなんです。

 

毎朝、鮭でも文句言いません。

 

店内はほんとに鮭しか売ってませんでした。

 

もし自分が熊だったら暴れ狂ってたところです。

 

お目当ての品があり店員さんに「例のブツありますか?」と尋ねると。

 

「ちいとばかし値が張るよ」とのこと。

 

たしかにそれなりの値段でしたが背に腹はかえられないと購入を決意。

 

それがこちら。

 

f:id:akiyamakaeru:20180807235251j:plain

 

時不知(ときしらず)っていいます。

 

川を遡る時期が他の鮭とは違って、絶妙な脂の乗り方をしているらしいです。

 

さすがに調理はできないので自宅に郵送しました。

 

あと鮭児ってやつも食べてみたかったんですが、値段が尋常じゃなかったので断念。

 

その後はGARAKUというスープカレーのお店でお昼ごはん。

 

f:id:akiyamakaeru:20180807235443j:plain

 

これが最強に美味かったです。

 

40分並びましたがその価値はあります。

 

駅からも近いので機会があればぜひお試しあれ。

 

そして、午後にやったことは諸事情により割愛します。

 

この部分に関しては友達限定で実際に会ってしか話せない土産話って感じです。

 

そんなこんなで夜ご飯の時間まで飛びます。

 

札幌での夜ご飯といえば、そう、イクラ丼です。

 

極上のイクラ丼を求めて海味はちきょうというお店に。

 

ここで予期せぬ恐ろしいことが起こりました。

 

席に着くと隣にはイケイケな大学生グループ。

 

先に注文していたらしくそのテーブルに丼ブリが運ばれてきました。

 

でも、イクラが乗っていない。白飯だけだったのです。

 

すると店員さんが。

 

「これからおいさーという掛け声と一緒にイクラをよそいでいきますので!」

 

なるほど、そういうシステムなのか。

 

「おいさーの掛け声はお客さんもご一緒にお願いします!」

 

いやいや、お客さん参加型なの!?

 

「いきますよー!」

 

・・・!!

 

店員さん「おいさぁぁぁぁー!おいさぁぁぁぁー!」

 

大学生グループ「おいさぁぁぁぁー!おいさぁぁぁぁー!」

 

え、爆音上映会?ってくらいの絶叫。

 

「はーい!ありがとうございまーす!」

 

なんてこった。

 

友達と来てるならまだしもお一人様でこのノリはきつい。

 

なんとか回避できないものかと思考を巡らせるも店員さんに肩をぽんと叩かれ。

 

「次、お客さんですから(にっこり)」

 

おわった。

 

自分はイクラというエサに食いつき、もう釣り針からは逃れられない。

 

魚が自らの運命を悟るときもこんな気持ちなのだろうか。

 

無慈悲なる店員さんが白飯をテーブルに運んでくる。

 

「それじゃあいきますよー!」

 

アーメン。

 

店員さん「おいさぁぁぁぁー!おいさぁぁぁぁー!」

 

自分「お、おいさ・・・」

 

大学生グループ「おいさぁぁぁぁー!おいさぁぁぁぁー!」

 

・・・!?・・・!?

 

一瞬、何が起きたのか分かりませんでしたが、すぐに状況を理解。

 

隣の大学生グループがおいさーに乱入してきました。

 

俗にいうセッションおいさーです。

 

この流れに身を任せておけば事なきを得られる。

 

そう考えた瞬間、視界がブラックアウト。

 

~20年後の世界~

 

息子「お父さんはおいさーを他人に任せたりなんかしないよね?」

 

自分「・・・」

 

息子「もちろんかっこよくおいさーを決めたんだよね?そうだよね?」

 

自分「・・・すまん。父さんな、おいさーから、逃げたんだ・・・」

 

息子「嘘、だよね・・・?」

 

自分「・・・」

 

息子「見損なったよ!もうお父さんなんて信じられない!」

 

自分「息子ぉ・・・息子ぉぉー!!」

 

~現在~

 

そんな夢を見たような気がする。

 

ここで退いたら・・・未来の息子に会わす顔がない!!

 

おいさ・・・おいさー・・。

 

おいさー・・・!おいさー・・・!

 

「おいさぁぁぁぁー!!!!おいさぁぁぁぁー!!!!」

 

店員「こんなおいさーは初めて見た・・・!」

 

大学生グループ「すげぇ・・・!」

 

どうだ・・・父さん・・・やったぞ・・・。

 

そして食後の余り時間に旭川まで移動。

 

こうして無事に5日目は終了しました。

 

ちなみにこちらがマックスまで山盛りにしたイクラ丼です。

 

f:id:akiyamakaeru:20180807235955j:plain

 

めちゃうまでした。

 

次回、最終回『旅人、北の大地に散る』

 

お楽しみに。