暇なときにでも

日々起きた出来事やふと思いついたことを書きます。たまに本、映画、広告のことも。

『メデュサ、鏡をごらん』を読んでもらってみんなで発狂したい。

『メデュサ、鏡をごらん』

 

最近、こちらの小説を読み終えまして。

 

夜中に「あぁぁぁぁ」なりまして。

 

こんなに発狂したの久々ですよ。

 

幽霊が怖いとか、化け物が怖いとか。

 

そんなチャチなもんじゃあ断じてねぇんです。

 

こんな恐怖あるん!?的な。

 

精神を直に揺さぶってくるタイプの奴

 

 

公式あらすじ転載。

 

作家・藤井陽造は、コンクリートを満たした木枠の中に全身を塗り固めて絶命していた。傍らには自筆で〈メドゥサを見た〉と記したメモが遺されており、娘とその婚約者は、異様な死の謎を解くため、藤井が死ぬ直前に書いていた原稿を探し始める。だが、何かがおかしい。次第に高まる恐怖。そして連鎖する怪死! 身の毛もよだつ、恐怖の連鎖が始まる。

 

※表紙は怖すぎるので載せないでおきました。

 

 

前半はこのあらすじの通り。

 

純粋にホラー小説として楽しく読み進めました。

 

要所要所の構成力が凄まじくて、

 

続きが気になって仕方なくなるんですよ。

 

寝る前に読んだら夜更かし確定。

 

ただ、問題の後半。

 

ネタバレを避けるため、多くは語れないんですが…

 

想像を絶する地獄。

 

怖すぎて今すぐ窓から投げ捨てたいのに、

 

どうしても続きが気になるから読み進めてしまう。

 

この無限ループに陥ったら最後。

 

精神に深刻なダメージを受け、

 

イクラちゃんと同等の知能指数になる可能性大。

 

その覚悟があるのなら、

 

是非とも読んでみてください。

 

HAAAAY!!

 

BAABUU!!

 

CHAAAAN!!

 

では。

『ぼぎわんが、来る』を読んで思ったこと。

 

f:id:akiyamakaeru:20200607220011j:plain

『ぼぎわんが、来る』

 

イクメンパパと愉快な仲間達が化け物に襲われる。

 

以上、シンプルさを追求するがあまり。

 

この物語を構成するありとあらゆる魅力を削ぎ落とす結果となった0点のあらすじである。

 

 

化け物…冠するその名を、ぼぎわん。

 

こいつの能力がとにかくやばい。

 

自分と自分の知人の発した言葉を声色もそのままに使うことができる。

 

例えば、あなたが今。

 

MEGUMIのおっぱいは至高」

 

と発言したとする。

 

それは同時に、ぼぎわんのボキャブラ辞典に同様のワードが追加されたことになるんですよ。

 

もう、逃げることは許されません。

 

重要な社内会議に参加している最中もお構いなく。

 

MEGUMIのおっぱいは至高」

 

とあなたのボイスでぶち込んでくることにより、場の空気は瞬く間に凍りつくことだろう。

 

さらには、自分の知り合いの言葉であってもそう。

 

作中では味方の霊能力者の声を偽ることで、イクメンパパ代表こと秀樹を騙し討ちにかかる。

 

屈指の背筋ぞくっとポイントである。

 

が、ここでどうしても納得いかないことがありまして。

 

 

それは、ぼぎわんの不可解な戦略。

 

ぼぎわんは味方の霊能力者であることを装い、秀樹にいくつか偽の指示を出し実行させます。

 

①家中の包丁をしまわせる。

→ぼぎわんは包丁が苦手だから。

 

なるほど。

 

②家中の鏡を割らせる。

→ぼぎわんは鏡が苦手だから。

 

うんうん、分かる。

 

③玄関の前に塩水を入れた茶碗を並ばせる。

→逃げようとする秀樹を転ばせるため。

 

ここである。

 

①と②からは秀樹を確実にキルしようとする冷徹なまでの計画性を感じるからこそ。

 

③の存在には異議を申し立てざるを得ないというもの。

 

どう考えてもいらないのである。

 

茶碗に躓いて転ぶってもうホームアローンの世界観。

 

勝利を確信している者の余裕なのだろうか。

 

仮にこれがジグソウだったら。

 

容赦なく中身を硫酸とかにして、たちまち恐ろしいゲームが始まっていたはずだ。

 

「罠を外すための鍵はこの内のどこかに沈んでいる。

 

さぁ命の輝きを見せてくれ、ゲームスタート」的な。

 

そもそも。

 

ぼぎわんも入ってくる時に邪魔だったんじゃないかと。

 

※映画では自分で思いっきり蹴っ飛ばしてました。

 

とまぁ、これだけ言っておきながら。

 

原作の秀樹は完全にずっこけていたので、結果オーライだったんですけどね。

 

それじゃあ、とりあえず歌っときましょう。

 

オムライスの国に~

 

行ってみたいな~

 

意味が分からないという方は映画版も合わせて観よう。

 

では。

地球のコピーと仕事のコピー。

そーれそれそれ!!

 

お祭りだー!!!!

 

わーっしょい!!!

 

わーっしょい !!!

 

 

…とりあえず景気付けに。

 

何の脈絡もなく、テンション上げてみた。

 

 

ほんと最近。

 

人と会わなすぎておかしくなってる。

 

思考が乙女化してるというか。

 

たまには連絡を取り合うし、たまには電話もする。

 

でも、会いたいもんは会いたい。

 

 

さて、気を取り直して。

 

みんながSKATの到着で盛り上がってる昨今。

 

ここはあえて、4月分の公募コピーを上げていくよ。

 

というのも、去年の宣伝会議賞

 

自分で考えたコピーを送る前に全消去するという、

 

公募メンヘラみたいなことしちゃったから。

 

 

『地球のコピー』(コピトレ)

 

 

・この星は、かよわいヒロインだ。

 

わりと自信作かもしれない。

 

作り手が何を言いたいのか。

 

読み手にどうしてほしいのか。

 

見た瞬間、自然に伝わればいいな。

 

 

・生みの親、育ての星。

 

これも好き。

 

ただ、置きにいってる感が否めない。

 

しかも若干、被りそうな気配。

 

 

・絶景を求めるなら、ぜひ地球へ。

 

なんか、簡素。

 

絶景の数とか明確な情報を入れた方がいいな。

 

このままだとスッカスカ過ぎる。

 

  

・私の体重を増やす意地悪なやつ。

 

いや、地球を悪者にしてどうする。

 

 

・スカートの中、覗き放題。

 

ノーコメント。

 

 

<総評>

 

みんながどう考えてるのか全く分からん。

 

お題が壮大すぎて、考える糸口を掴みづらかった。

 

環境問題を解決させる?とか。

 

宇宙人に地球をPRする?とか。

 

もし、昨日今日アース的なのが選ばれてたら。

 

激おこ。

 

 

『仕事のコピー』(C-1グランプリ)

 

 

・私の戦場

 

さんまさんも仕事のこと戦場って言ってた。

 

 

・ビールをより美味しくする工程

 

ポジティブだけど、仕事を軽んじ過ぎてる。

 

「の後のビールが最高なんだよなぁ」

 

ぐらいにした方が気持ちよかったかな。

 

 

・(幸)運送業

 

こういう字面だけにこだわったコピー。

 

前職の社長にチェック出したら。

 

間違いなく、ボロカスに言われてる気がする。

 

 

<総評>

 

現状、仕事に対して悩んでることもあって。

 

あんまり楽しくは考えられなかった。

 

自分の中の価値観もブレにブレまくってるし。

 

幸せとか、成長とか、仲間とか、挑戦とか。

 

そういう綺麗事にフォーカスしないで。

 

泥臭くて、面白い言葉がグランプリ獲ってほしいな。

 

 

以上、こんな感じ。

 

ここまで、公募系記事のアクセスが一番多くて嬉しい。

 

今年こそはちゃんと宣伝会議賞、参戦するぞ。

 

では。

ザ・ノンフィクション 〜ヒーローの抱える苦悩と本音〜

「今は気軽に顔も食べてもらえませんからね」

 

――そう語る彼の横顔に――

 

――かつての優しい笑みはなかった――

 

 

 

f:id:akiyamakaeru:20200525192637p:plain 

 

 

 

『ザ・ノンフィクション

 

~ヒーローの抱える苦悩と本音~』

 

 

 

「おいこらバタ子ぉ!!

 

何で酒切らしとんねんわれぇ!!」

 

スタッフ(以降ス):もしかして、あれって…

 

「あぁ、ジャムおじさんです」

 

ス:裏ではいつもあんな感じなの?

 

「いや、コロナ騒動からですね。

 

実はあの人、パン焼き中毒なんですよ」

 

ス:パン焼き中毒?

 

「まぁ、見ての通りですね。

 

長時間パンを焼かないと、理性を失うみたいで」

 

ス:今はお店開けられないもんね。

 

「そうなんですよ。

 

作っても、食べてくれる人がいませんから」

 

 

 

ス:そう言えば、バイキンマンとは最近どう?

 

「今は戦うどころじゃないですね。

 

実家が大変なことになってるみたいで」

 

ス:彼は(コロナ騒動には)無関係だよね?

 

「えぇ、もちろん。

 

ただやっぱり、風評被害はあるみたいですね。

 

日中、心ない電話が鳴り止まないと」

 

ス:もしかして、連絡取り合ってるの?

 

「LINEですけどね。

 

あ、これオフレコでお願いします」

 

 

ス:他のヒーローも自粛中?

 

「あいつらは終わってますよ、正直」

 

ス:え、何かあったの?

 

「キャバクラ行って、謹慎食らってます」

 

ス:食パンマンとカレーパンマンで?

 

「あとカバオですね」

 

ス:カバオは確か未成年だよね?

 

「そうです、だから炎上しまくってますよ」

 

ス:我慢できなかったのかな。

 

「マジでありえませんよね。

 

ヒーローとしての自覚が足りないんですよ。

 

場合によっては、解散も考えてますから」

 

 

ス:ヒーロー業界にも打撃あるんだね。

 

「〇〇戦隊〇〇レンジャーみたいな、

 

いつも五人で戦う人達いるじゃないですか」

 

ス:あぁ、昔はゴレンジャーとかいたね。

 

「密とかソーシャルディスタンスとか。

 

やっぱり住民達から色々と言われてるみたいで」

 

ス:確かに、距離近くなりがちだもんね。

 

「笑っちゃうんですけど。

 

お互い2m以内に近づくと鳴るブザーがあって。

 

全員でそれつけながら戦ってるらしいです」

 

ス:とても戦いづらそうだね…

 

「あと、合体技を出せないからでしょうね。

 

倒すまでにいつもの5倍ぐらいかかってました」

 

ス:なんか…本当にお疲れさまです。

 

「磁石系の敵が来たら、地球終わりですよ」

 

 

ス:今日は忙しい中、ありがとうございました。

 

「いえ、僕はいつもキャンキャン鳴いてるだけなんで」

 

ス:それでは、チーズさん。

 

最後に視聴者の方へのメッセージをどうぞ。

 

「ドッグフードは、ペティグリーチャム派です」

 

 

生きて~る生きて~いる~。

 

――手洗いうがいを済ませた彼は――

 

その現だけが~ここにある~。

 

――犬小屋の奥へと姿を消した―――

 

 

恐るべしアマゾネス。

やっほい。

 

暇すぎて、アマゾネスについて調べてみた。

 

特に深い意味はないけど。

 

ほぼ日の糸井さん風に書いてみる。

 

 

「アマゾネス」

いち度は聞いたことがあるかもしれない。

もちろん、ぼくだって名前ぐらいは知っていた。

声に出してみれば、とても強そうな音の響き。

とくに、ゾネスの部分がいい。

ぼくって言うより、ぼくゾネスの方が強そうだし、

嫁さんより、嫁ゾネスの方がしっくりくる。

いや、ぼくはそんな風に思ったことないけど。

 

調べてみて、驚いた。

アマゾネスと呼ばれるようになった、その由来。

先に言っておくと、アマゾンは関係ない。

今、ドキっとした人がいたら、ぼくと同じ。

どうやら、乳がない、という意味からきているらしい。

アマゾネスは、弓を引く時じゃまになるから、

右の乳を切り落としていたと言われている。

えものを仕留めるため、てきを討ち取るため。

底の知れない、すさまじい執念を感じる。

ぼくゾネスには、とてもまねのできないことだ。

乳首だけでも、たぶん無理。

 

もうひとつ、驚いたことがあって。

女性だけの社会を作るため、もしも男が生まれたら、

我が子であろうと、奴隷扱いしていたというのだ。

きっと、食事で好き嫌いをしたら、右乳首をちょきん。

門限をやぶろうものなら、左乳首をちょきん。

幼き頃のぼくゾネスは、中々にやんちゃ者だったから、

あっという間に、ダブルちょきんされていたかも。

 

男尊女卑、女尊男卑。

フェミニズムフェミニスト

世の中には、性別を分ける言葉がたくさんある。

男だからとか、女だからとか。

目を向けるべきは、もっと別のところにあると思う。

上手く言えないけど、乳首は右と左にふたつある。

右の乳首は、左の乳首よりも大切だろうか。

そこに答えはないように、両方を尊ぶべき場合もある。

どちらかと言えば、ぼくゾネスは右派だけど。

でも、左乳首があるから、右乳首のよさが分かる。

だから、男は女を、女は男を。

お互いに支え合って、高め合って、引き立て合って。

そして心の奥底から、認め合っていく。

単純だけど、今はそれでいいんじゃないかなぁ。

 

今日も「ほぼに…

 

言わせねーよ!!!!

 

こちら、いろんな覚悟を決めた後に上げました。

 

ちなみにアマゾネスの記述については諸説あります。

 

あと、ほぼ日、ほぼ毎日見てます。

 

では。

公募の沼へ、再び。

やっほい。

 

スターバックスって敵っぽいけど。

 

ドトールって味方っぽいよね。

 

 

さておき。

 

色々あって長いこと手を出せていなかったコピー公募。

 

ひっそりと再開してみた。

 

とりあえず、コピトレC-1グランプリだけ。

 

そして、この度。

 

なんとなく送ったコピーを晒してみようかと。

 

ちなみに今回は3月分。

 

 

『マスクのコピー』(コピトレ)

 

 

・息苦しいけど、心苦しくない。

 

 

苦しいを重ねてみたけど、響かないな。

 

 

・鼻って、閉じれない。

 

当たり前すぎるやろ。

 

 

・以来、あだ名がパンデミックになった。

 

職場の同期の事実。

 

やがてはパンちゃんと呼ばれてた。

 

 

・行き着けの店を潰すわけにはいかないから。

 

だったらそもそも行かないか。

 

 

・マスクをしてない人の顔はよく見える。

 

正義マン視点。怖い。

 

 

<総括>

 

自信作なし。

 

全てにおいて負のイメージが強すぎるかも。

 

マスク付けなきゃってならん。

 

 

『嘘のコピー』(C-1グランプリ)

 

 

・これ見た人全員に焼肉奢ります。

 

これがグランプリなら、にするか迷った。

 

焼肉奢るの破壊力たるや。

 

 

・まんじゅう怖い、あと美女も。

 

嘘と言えば、個人的にはこれ。

 

 

・おれに優しくすると、コロナ予防に効くらしい。

 

デマ情報を逆手に取れたらなと。

 

おれに、を人に、にするか迷った。

 

 

 

 

<総括>

 

自由度高くて、考えてて楽しかった。

 

ってことは競争も激しいだろうから、入賞は厳しそう。

 

この手のお題はいかに狂気を醸し出せるかだと思う。

 

グランプリのコピーは絶対面白いだろうな。

 

 

以上、こんな感じ。

 

次は4月分を晒していこうかな。

 

あとこのブログ。

 

公募系に関して反応もらえたら多分、泣く。

 

では。

愛と男とサボテンと。

やっほい。

 

めっちゃ久しぶりにブログを更新してみる。

 

なぜなら、ずっと家にいて暇すぎるから。

 

どれくらい暇かと言うと。

 

“ホットケーキをどこまで薄く焼けるか”

 

という挑戦に楽しみを見出してるくらい。

 

クレープくらいの薄さを目指してるけど中々難しい。

 

職場の後輩に話したら。

 

「やっぱり変な人だったんですね」と言われた。

 

やっぱりとはこれ如何に。

 

 

さておき、本題。

 

ある日、先輩が教えてくれた。

 

「男が絶頂に達する時って、IQ2になるらしいよ」

 

何の前触れもなく突きつけられた言葉。

 

目を覆い、耳を塞ぎたくなるような真実だった。

 

さらに先輩から、第二の矢が放たれた。

 

「それ、サボテンと同じなんだって」

 

 

記憶の海を走馬灯のように駆け巡る。

 

あの時も、あの時も、はたまたあの時も。

 

まさかサボテンと同じIQだったなんて。

 

「おれ、賢者タイムだから」

 

などと余裕かましてた自分を心の底から悔いた。

 

そして、恐ろしいことに気付いてしまった。

 

 

もし、意中の女性がこの事実を知っていたら。

 

例えばどんなに最高のデートを成功させたとしても。

 

その夜、最後の最後に男はこう思われる。

 

「あ、この人、今はサボテンと同じIQなんだ」と。

 

そこから我々はどう挽回すればいいのか。

 

優しい言葉を投げかける。

 

想いを込めたプレゼントを贈る。

 

しかし、悲しいかな。

 

結果的にDearサボテンの烙印を押されてしまう。

 

 

それに、立場を逆に考えてみればすぐに分かる。

 

自分の好みど真ん中な女性が目の前に現れたとして。

 

よしんばそれが石原さとみだったとしても。

 

中身がサボテンだと分かった瞬間。

 

百年の恋であれ、瞬間冷凍されるだろうなと。

 

 

いや、方法がないというわけでもない。

 

単純にめっちゃクレバーな振る舞いをすればいい。

 

最も重要なのはタイミング。

 

女性からサボテンとだと思われる前に先手を打つ。

 

絶頂に達したその直後。

 

ティッシュに手を伸ばすと見せかけ。

 

おもむろに鞄から“ニューヨークタイムス”を取り出し。

 

あくまでもクレバーに後処理。

 

 

すると女性はこう思うはず。

 

ティッシュの代わりに英字新聞なんて素敵!」

 

「この人はサボテンにならないタイプだったんだ!」

 

と、ね。

 

 

…何よりもこれだけは言える。

 

好きな植物を聞いて、サボテンと答える女性がいたら。

 

そのお方は紛れもなく我々の救世主なのである。

 

では。