読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇なときにでも

日々起きた出来事やふと思いついたことを書きます。たまに本、映画、広告のことも。

本当にあったら怖い話

今回は創作ホラーです。

 

自分で考えといてなんですが無茶苦茶怖いです。

 

前置きはしましたからね。

 

それではどうぞ。

 

こっくりさん

 

これは私の友達から聞いた話なんですけどね。

 

ある日の仕事終わりに同僚四人で集まって話してたらしいんです。

 

そしたら…。

 

里美「ねぇ!こっくりさんやろうよ!」

 

山田「なんだよ突然」

 

山本「お!懐かしいな!」

 

里美「いいじゃん!実はもう用意もしてきたんだ~」

 

鈴木「どんだけやりたかったんだよ(笑)」

 

里美「じゃあみんな十円玉の上に指を置いて!」

 

山田「めんどくせー」

 

山本「まぁ暇潰しには丁度いいんじゃね?」

 

鈴木「こいつは一度言い出したら聞かないからな」

 

里美「せーの」

 

里美、山田、山本、鈴木。

 

こうして、四人の指が十円玉の上へと置かれた。

 

これが地獄への入口だったとはまだ誰も気付いていない。

 

ある一人を除いて…。

 

山田「質問は何にするんだ?」

 

山本「どうせそれも何か考えてあるんだろ?」

 

里美「ふふふ~」

 

鈴木「準備万端すぎる(笑)」

 

里美「最初の質問いくね!」

 

山本「よし!なんでも来い!」

 

里美「私ね・・・実は“できちゃった”みたいなの」

 

山田「!?」

 

山本「!?」

 

鈴木「!?」

 

里美「それでね、相手は誰なのかな―って。

 

本当はもう分かってるんだけど、

 

念のためこっくりさんにも聞いておこうと思って」

 

山田「じょ、冗談だろ?」

 

里美「冗談でこんなこと言わないんですけど」

 

山田「・・・」

 

山本「いや、やめとこーぜ!」

 

鈴木「そ、そうだな!もっと明るい質問の方が盛り上がるって!」

 

里美「君達がやりたくなくても私はやりたいなー。

 

それに私はこの質問が一番盛り上がると思うなー。

 

どうしてもやりたくないなら私にも考えがあるんだけどなー」

 

鈴木「とりあえずやってみるか!」

 

山田「そうだな!とりあえずな!」

 

山本「とりあえず、な!」

 

里美「それじゃあさっそく始めるね!

 

こっくりさんこっくりさん、この子のお父さんは誰ですか?」

 

・・・。

 

すーっ。

 

・・・。

 

すーっ。

 

・・・。

 

すーっ。

 

十円玉は静かに、ゆっくりと、着実に動いている。

 

そして・・。

 

『や』

 

山田「・・・」

 

山本「・・・」

 

里美「最初の文字は“や”みたいだね」

 

鈴木「なるほどな」

 

山田「おい!なんだよその目は!」

 

鈴木「いいから次いこうぜ」

 

山本「ずるいぞ!一人だけ安全圏に入ったからって!」

 

里美「そうだよね、次々」

 

山本「だからッ・・・」

 

里美「だから何?やめる?

 

こっくりさんに質問したら途中でやめたらいけないんだよ。

 

ちゃんと 最 後 ま で 責 任 持 っ て やろうよ」

 

山本「・・・はい」

 

・・・。

 

すーっ。

 

・・・。

 

すーっ。

 

・・・。

 

すーっ。

 

再び十円玉は動き始める。

 

そして・・。

 

『ま』

 

鈴木「まぁ順当だな」

 

里美「二文字は“ま”だったね」

 

山田「・・・」

 

山本「・・・」

 

山田「あ!忘れてた!まだ仕事残ってたんだ!」

 

山本「おれもおれも!」

 

里美「あー来週の社内報の内容が楽しみだなー」

 

山田「そうだ!たしか田中に任せたんだった!」

 

山本「おれも田中に任せた気がしてきた!」

 

里美「それじゃあ、三文字目だね」

 

鈴木「かしこまりました、里美様」

 

・・・。

 

・・・。

 

・・・。

 

十円玉は動き始めなかった。

 

鈴木「お前ら、十円玉を動かせないように力入れてるだろ?」

 

山田「(うぉぉぉぉぉぉぉ!!)力抜けよ山本、見苦しいぞ」

 

山本「(だらぁぁぁぁぁぁ!!)は?力入れてんのはお前だろ、もう潔く諦めろよ山田」

 

里美「二人ともちゃんと受け入れなきゃ駄目だよ。

 

自 分 の 運 命 と 浅 は か さ を さ 

 

山田「・・・」

 

山本「・・・」

 

ガチャッ。

 

上司「おい!仕事終わったんなら早く帰れ!」

 

山田「あ、すんません!」

 

山本「もうすぐ出ますんで!」

 

上司「電気消し忘れんなよ!」

 

バタンッ。

 

山田「あ・・」

 

山本「あ・・」

 

十円玉はいつの間にか移動していた。

 

『も』

 

山田「そうだと思ったんだよ」

 

鈴木「やっぱりお前だったか」

 

山本「ちょっと待てよ!山本なんてよくある名字だろ!」

 

里美「同じ部署なんだけどなー」

 

山田「たしかうちの部署に山本ってお前一人だよな」

 

鈴木「そう言えば他部署でも山本って聞いたことないな」

 

山本「なんだよ二人して!探せば一人くらい・・!」

 

里美「いないよ。この会社には山本って名字は一人しかいないんだって」

 

鈴木「男だろ、ちゃんと責任取れよな」

 

里美「・・・」

 

山本「・・・」

 

山田「・・・あれ?」

 

鈴木「・・・ん?」

 

山本「十円玉がまだ動いてる・・?」

 

・・・。

 

すーっ。

 

・・・。

 

すーっ。

 

・・・。

 

すーっ。

 

『と』

 

『の』

 

『ひ』

 

『だ』

 

『り』

 

『ど』

 

『な』

 

『り』

 

山田「やまもとの」

 

山本「ひだりどなり?」

 

鈴木「って誰?」

 

里美「おまえだ」

 

男 だ ろ 、 ち ゃ ん と 責 任 取 れ よ な

 

それから数カ月後。

 

里美の名字は鈴木になったそうです。

 

これはただの私の推測なんですけど。

 

ほんとに里美って人はしてたのかな・・。

 

 

 

・・・妊娠。