暇なときにでも

日々起きた出来事やふと思いついたことを書きます。たまに本、映画、広告のことも。

バイト戦隊今日出らせんジャー

今日はバイトの初出勤。

 

子供の頃からずっと憧れていた。

 

まさかタウンワークに載ってるとは思わなかったけど。

 

世のため人のため、誰にも正体を知られずに怪人たちと戦うんだ。

 

僕は今、緊張と期待を胸に、事務所のドアを開こうとしている。

 

『バイト戦隊 今日ちょっと用事あるんで出られませんジャー』

 

新人「おはようございます!」

 

勢いのある挨拶と共に入ると中にいたのは一人の男。

 

?「おぉ!今日から働いてくれる新人っていうのは君のことかな?」

 

新人「はい!これからお世話になります!」

 

?「おう!おれはバイトリーダー兼レッドを担当している者だ」

 

新人「レッドさん、よろしくお願いします!」

 

レッド「こちらこそよろしくな!早速だけどやりたい色の希望はある?」

 

新人「え、自分で決められるんですか!?」

 

レッド「他の人と被らなければ大丈夫だよ。

 

今空いてるのはブルーとピンクだったかな。

 

ブルーは怪人さんからのクレームに耐えられなく辞めちゃってさ

 

ピンクは店長兼司令官との不倫が奥さんにばれて気まずくなったらしい」

 

新人「いろいろ大変だったんですね・・」

 

レッド「あ、ペイントで勝手に奇抜な柄にするのだけは止めてくれな。

 

前に絵具で豹柄とかゼブラ柄にした奴が一般人に怪人と間違われて通報されちゃってよ。

 

あれは流石にまずいだろうってことになって禁止されてるんだ」

 

新人「僕は地味なやつでいいです…」

 

レッド「そうか。まぁ、色に関しては追々決めていこうか。

 

そうだ、最初の一カ月はこのバッチを胸に付けて出動してくれ」

 

<研修中>と書かれたバッチだった。

 

新人「えっと・・これ付けなきゃいけないんですか?」

 

レッド「そりゃそうだよ、怪人さんだって多少のミスは許してくれるようになるからさ。

 

優しい怪人さんだったら最後の必殺技がもたついても笑顔で待っててくれるし」

 

新人「気を遣わせないよう頑張ります・・」

 

レッド「あとはそうだな・・タイムカードは押し忘れるなよ。

 

ちなみに15分おきに給料が付くから際どい時は戦闘を長引かせた方がお得だ。

 

そこら辺は怪人さんもちゃんと分かってくれてるから」

 

新人「さっきから怪人さん物分かり良すぎないですか・・」

 

レッド「でもたまに自己中な怪人さんもいるから気をつけろよ」

 

新人「分かりました・・」

 

プルルルルル、プルルルルル。

 

突如鳴り響いたのは事務所の電話の音だった。

 

レッド「お電話ありがとうございます!こちらバイト戦隊です!

 

なんだって!?新宿に毒ナメクジ伯爵が現れた!?

 

すぐに現場に向かいます!!」

 

新人「出動ですか!

 

(これまでの説明では不審なことばっかりだっけど…。

 

実際に戦う姿を見れば!ずっと憧れてたヒーローの姿を見れば!)」

 

レッド「くそ…こんなときに!」

 

新人「どうしたんですか!?」

 

レッド「戦闘スーツを洗濯するために家に持って帰ったまま忘れてきちまった!」

 

新人「…」

 

携帯を取り出すレッド。

 

レッド「もしもし、イエローか?

 

今日のシフト代わってもらえるか…?

 

あーやっぱり試験前は厳しいよな…そっか、じゃあ勉強がんばれよ!」

 

新人「…」

 

レッド「新人、おれが戦闘スーツを取りに戻ってる間、人類の命運は君の手に…」

 

新人「帰ります」

 

地球に真の平和が訪れるまで彼らの戦いは終わらない。

 

~完~

TUTAYA譲り合い戦線

TUTAYA。

 

表向きにはDVDをレンタルするための場所とされています。

 

しかしその水面下では壮絶な心理戦が繰り広げられる戦いの場でもあるのです。

 

きっかけはそう、とあるアニメのDVDを借りようとした時のことでした。

 

友達から勧められたDVDを借りるためTUTAYAへと向かいました。

 

いざ借りようとすると一巻のケースが空になっていました。

 

どうやら誰かが先に借りていたようです。

 

この人物を仮にAさんとします。

 

レンタルのDVDはいっきに見たい派なのでAさんには申し訳ないと思いつつも

 

先に二巻を借りておいてAさんが一巻を返却しても続きを借りられないようにしました。

 

これをTUTAYAテク“封じ手”といいます。

 

こうすることによりAさんのペースに合わせる必要が無くなり

 

かつおれがまとめて見てすぐに返却すればAさんにそこまで迷惑はかかりません。

 

これぞ平和的解決法というやつです。

 

数日後。

 

そろそろ一巻が返却されているかと様子を見に来ると。

 

予想外のことが起きていました。

 

一巻がまだ返却されていない。それどころか三巻も借りられていた。

 

おそらくAさんはおれの封じ手に気付いて一巻を返さずに三巻を借りることで封じ手を返してきたのです。

 

ちなみにこれをTUTAYA高等テク“ハンムラビ法典”といいいます。

 

これが何を意味するかお分かりでしょう。

 

Aさんからの宣戦布告です。

 

私より先に最終回を見ることは許さないという。

 

ここで逃げるは男にあらず、受けて立とうその勝負!!←先に仕掛けた人。

 

血で血を洗う争いの始まりでした。

 

おれはこの戦いに負ける気は一切していませんでした。

 

それは最大のレンタル期限は一週間という絶対のルール。

 

最初に一巻を借りたのはAさんです。

 

つまり先にAさんが一巻を返さなければいけない状況が必ずやってきます。

 

そこで勝負は決します。

 

あとは同じ要領で三巻も手に入れられるというわけです。

 

それからは毎日のように一巻が返却されているかチェックしていました。

 

しかし一向に一巻のケースは空のままでした。

 

そうこうしている内におれの所持している二巻の期限がきてしまいました。

 

おかしい…。

 

こっちの期限が先に切れるなんてありえない…。

 

こ、これは…まさか!!

 

TUTAYA禁断のテク“エンドレス・レンタル”(延滞料金を払う気)か!!

 

Aさん、あんたの覚悟には負けたよ。

 

そこまでされて二巻を譲らないのは野暮ってもんです。

 

そっとレジに二巻を置いたときの気持ちは不思議と清々しかった気がします。

 

数日後。

 

今だに一巻は返却されていなかった。

 

あれ、Aさん?もう戦いは終わったんだよ?

 

嫌な予感がした。

 

でも、店員さんに確かめてもらわずにはいられなかった。

 

おれ「あのー、これの一巻って…」

 

店員さん「あー、こちらは一年以上も前にお客様に貸し出している物のようですね…」

 

おれ「とゆうことは…」

 

店員さん「おそらく返却されることはないですね…」

 

えぇぇぇぇAさぁぁぁぁん!!

 

今回の件から得られた教訓。

 

争いからは何も生まれない。

 

譲り合いの心を大切に。

 

借りた物はちゃんと返す。

 

以上。

勘違いから始まる何か

友人「中学の頃はよく“この子おれのこと好きなんじゃね?”って勘違いしたよな」

 

おれ「あったあった」

 

友人「みんな経験してるのがメールの絵文字でハートマークだよな」

 

おれ「あれが特に深い意味もなく使われてることに気付くのに三年かかったわ」

 

友人「告白されたら何て答えようかとか必死に考えてたのにな」

 

おれ「件名に勘違いすんじゃねーぞ豚野郎ぐらい入れてくれないと分からないって」

 

友人「その件名で内容にハートマーク使われてたら逆に勘違いするんじゃね」

 

おれ「たしかに」

 

このように男子というのは女子のささいな行動から独自の解釈をして勝手に勘違いしちゃうトゥーシャイシャイボーイなわけです。

 

そこで今回はその行動の例をレベルごとに紹介していくので

 

女性の方はこれを参考に男子に対する行動に線引きをして

 

むやみに勘違いさせて哀れな犠牲者を出さなよう心掛けて頂きたい。

 

※以下の例は友人とおれが出し合ったものです。

 

どっちがどれを考えたかはお互いの尊厳を守るためにあえて伏せます。

 

ではご覧ください。

 

レベル1

 

『レシートを渡すときに手をぎゅっ』

 

これは人類の永遠のテーマでもありますね。

 

旧石器時代から議論されていたんじゃないかという説もあります。

 

店員さんが欲望の赴くままスタンドプレーに走っているのか。

 

それとも店のマニュアルに従順に従っているだけなのか。

 

前者だった場合勘違いではなくなるわけですから男子側の言い分も通らなくはないです。

 

よってこの勝負引き分けということで低いレベルに位置付けさせてもらいました。

 

レベル2

 

『お会計のときにありがとうございましたを言った後で店を出るときにもう一度ありごうございましたを言う』

 

まだみなさんの理解の範疇は超えてないと思います。

 

一回目は接客としてのありがとうございましたを言うのは分かります。

 

じゃあ二回目は何なのってなりますよ。

 

ここで勘違いすることに長けた猛者たちはこう考えます。

 

あの人と出会う運命を用意してくださってありがとうございますと神様にお礼を言ってるんじゃないかと。

 

フォローするのも苦しくなってきたので先程よりレベルを上げました。

 

レベル3

 

『落とした物を拾ってくれる』

 

物を落とす。

拾ってくれる。

あれ、この子おれのこと好きなんじゃね?

 

この三段論法ですよ!!

 

世の中には理屈だけでは推し量れないこともあるんですよ!!

 

ばーか!ばーか!

 

レベル4

 

『目が合う』

 

ここまでくるとちょっとしたホラーですね。

 

都市伝説程度に考えてもらえれば大丈夫です。

 

おれが女の子だったとしてこんなこと言われたらそいつの目薬にタバスコを混入させてたと思います。

 

というわけで、少しは勘違い男子の生態を分かって頂けたでしょうか。

 

実はレベル3の落としたものを拾ってくれるを出したのはおれです。

 

中学時代のおれはこの考えから派生してある行動に出ました。

 

今考えればほんとうに馬鹿なことなんですが

 

歩いてる途中にわざと定期券を落としてそれを拾ってくれた人とあわよくば仲良くなれるんじゃないかという。

 

その結果どうなったか。

 

定期券を無くして親にめちゃくちゃ怒られました。

 

大人の階段上るってこうゆうことなんだって思いました。

 

そんなおれの黒歴史ベスト3に入る話も盛り込んだところで。

 

もしかしたらあのとき勘違いさせちゃってたのかも。

 

と心当たりのある女性の方がいればその人にこんなメールを送ってみてはどうでしょう。

 

あのときは勘違いさせちゃってごめんね。

 

は・あ・と。

本当に守るべきものとは

行きつけのラーメン屋での話。

 

先日、週一ぐらいのペースで通ってるラーメン屋に行きました。

 

店内に入ると明らかに不自然な点がありました。

 

というか窓ガラスが割れてました。

 

店主のおっちゃんに何事かと尋ねると

 

おれ「何かあったんですか?」

 

おっちゃん「いや~泥棒に入られちゃってよ!」

 

何故か嬉しそうでした。

 

おれ「えぇ!お金とか大丈夫だったんですか?」

 

おっちゃん「その日の売上金は全部盗られちゃったよ!はっはっは!」

 

何故か爆笑してました。

 

おれ「大変なことがあったんですね…」

 

おっちゃん「でもよ!被害は最小限に抑えられたんだよ!」

 

おれ「え、どうゆうことですか?」

 

おっちゃん「どうゆうことだと思う?」

 

まさかのクイズ形式でした。

 

もしおれが吉良吉影だったらおっちゃんは説教されてたと思います。

 

おっちゃん「ヒントは金庫!」

 

おっちゃんこのクイズを心から楽しんでます。

 

しばらく考えてみて冗談のつもりで答えてみました。

 

おれ「金庫の鍵をかけ忘れて金庫ごとは盗まれなかったとかですか?」

 

黙り込むおっちゃん。

 

正否を待つおれ。

 

黙り込むおっちゃん。

 

トイレに行くおれ。

 

黙り込むおっちゃん

 

手を洗うおれ。

 

黙り込むおっちゃん。

 

帰ってくるおれ。

 

黙り込むおっちゃん。

 

…。

 

おっちゃん「そうなんだよ!何で当てちゃうんだよー…」

 

当たってしまいました。

 

おっちゃんはカウンターから見えなくなるぐらいへこんでました。

 

でもこのクイズの答えについてよく考えてみてください。

 

金庫の鍵をかけ忘れたから金庫そのものは盗まれなかった。

 

うん。

 

金庫の鍵をかけ忘れたから金庫そのものは盗まれなかった。

 

うんうん。

 

金庫の鍵をかけ忘れたから金庫そのものは盗まれなかった。

 

うんうんう…ん?

 

金庫ってお金を守るためのものなんじゃ…。

 

殿様を守るための影武者が殿様を盾にしちゃってるイメージが浮かんだのはおれだけでしょうか。

 

おれ「おっちゃんそれ金庫の意味な…」

 

そこまで言いかけておれは口を閉ざした。

 

おっちゃんのプライドを守るため。

 

そして

 

早くラーメンが食べたかったから。

人って意外と頑丈説

姉ちゃんの武勇伝。

 

おれは中学三年、姉ちゃんは高校三年のときの話。

 

姉ちゃんは自転車で交差点を渡ろうしたところを

 

大型のバスに真横から思いっきり激突され

 

自転車もろとも吹き飛ばされました。

 

慌てて降りてきたバスの運転手さんが救急車呼ぼうとすると

 

姉ちゃんはこう言いました。

 

姉「恥ずかしいんでいいです」

 

そのまま半壊した自転車と共にその場から去って行きました。

 

残された運転手さんと周りの人たちは完全にポルナレフ状態。

 

後日、病院に行くと右足を骨折していたらしいです。

 

おれは親からこの話を聞いて思いました。

 

『そこは羞恥心捨てろよ』と。

 

これはまだ姉の持つ武勇伝のほんの一部でしかありませんので

 

今後追い々い紹介していこうと思います。

 

なぜ唐突にこんな話をしたかというと。

 

似たようなことが本屋のバイト中に起こったんですよ。

 

おれがレジでムーンウォークの練習をしていると

 

一人のお客さんが入店しました。

 

おれ「いらっしゃいま・・」

 

血だらけでした。

 

服もボロボロで右足引きずってたんでトマト祭りの帰りというわけではなさそうです。

 

おれ「大丈夫ですか・・?」

 

お客さん「全然平気っすよ!ちょっと事故っちゃっただけなんで」

 

いや、全然平気な人はそんなカメハメ派が直撃した人みたいになりませんよ。

 

そのお客さんは何事も無かったかのように数冊の漫画を買っていきました。

 

そんな今回の件と先程の姉ちゃんの件から

 

一つの疑問が浮かびました。

 

『あれ、おれが思ってる以上に人って頑丈なのかな?』

 

今度試しに車道に飛び出して両手を広げながら

 

気になる女性に告白してみようと思います。

 

良い子は絶対に真似しないでください。

 

相手の女性がそれを止めようとしない時点で

 

すでに決着はついてるんで。

タイミングが重なるとき

※ホラー要素あり。

 

――――――――――――――

 

『赤い部屋』

 

ある大学生が古ぼけたアパートに引っ越してきた。

 

部屋を見渡すと壁に中指が入りきる程度の穴が開いていた。

 

興味心から覗いてみると隣の部屋まで繋がっているようだった。

 

真っ赤な部屋だった。

 

それから何度か穴を覗いてみても真っ赤な部屋が見えるだけだった。

 

不思議に思い大家さんに尋ねてみた。

 

大学生「僕の隣の部屋って誰も住んでないんですか?」

 

大家さんは答えた。

 

「いいえ、女性が一人住んでますよ。

 

ただその女性は病気を患っていましてね。

 

目が真っ赤なんです。

 

――――――――――――――

 

っていう都市伝説みたいな話があるんですよ。

 

オチの解説をしておくと

 

大学生が穴から見ていたのは赤い部屋ではなく

 

隣の部屋に住んでる女性の赤い目だったんです。

 

つまりずっと隣の女性から覗かれていたというわけです。

 

そこがこの話のオチであり怖いところです。

 

しかしおれは気付いてしまいました。

 

考えようによってはさらに恐ろしい事が起きていたんじゃないかと。

 

この話は大学生の視点からしか内容が語られていませんが

 

赤い目の女性の視点からも考えてみてください。

 

もしも赤い目の女性も

 

“偶然、大学生と同じタイミングで”

 

壁の穴を覗いていたのだったとしたら。

 

赤い目の女性「お隣に引っ越してきたのはどんな人なのかな~。

 

気になるからちょっと覗いてみようかな!」

 

見えるのは黒い部屋。

 

「お隣さんは黒魔術に凝ってる人なのかな!」

 

って思いながらもまた何度か穴を覗いてみます。

 

“偶然、大学生と同じタイミングで”。

 

しかし見えるのはいつも黒い部屋だけ。

 

さすがに女性も不審に思い考えます。

 

「黒い部屋・・黒・・黒目・・目・・はっ!!」

 

そして大家さんに尋ねるまでもなく真実に辿り着きます。

 

「私の部屋めっちゃお隣さんから覗かれてるやぁぁぁぁん!!」

 

分かってもらえたでしょうか。

 

もし偶然覗いたタイミングが重なっていただけで

 

どちらも自分が覗かれていたと勘違いしてしまっていたのだとしたら。

 

これから先この二人は昼ドラみたいなドロドロした関係になって

 

最終的に山奥の別荘でどっちかが猟銃で撃たれますよ。

 

そんな“偶然タイミングが重なる”ことでとんでもない勘違いが生まれることが

 

実際にも起こりうるということを忘れないでください。

 

TUTAYAで好奇心からマニアックなDVDコーナーにいるところを

 

偶然後輩に見られてしまったら

 

それはもう取り返しがつかないことなんです。

 

↑経験者は語る。

女性受けする麻雀を考える

最近、先輩とあることについて話しました。

 

『なぜ女性で麻雀をやってる人は少ないのか』

 

まず思い浮かぶのはルールが難しくて憶えられないからです。

 

たしかにそこには改善の余地があると思います。

 

ですが一番始めに改善すべきはそこではありません。

 

“麻雀ってなんか可愛くない”

 

これです。これなんですよ全ての元凶は。

 

麻雀は地味すぎるんです。

 

そこで考えました。

 

女性にも自然に受け入れてもらえる可愛らしい麻雀。

 

まず名前からして可愛くないんでとりあえず“まぁ~ぢゃん”に改名します。

 

牌の色も今は地味なものばっかりなんでピンクに統一しましょう。

 

これでだいぶ女性の方でも始めやすくなったと思います。

 

では次に牌の種類です。

 

麻雀には萬子、筒子、索子、字牌と四種類の牌があるんですが

 

どれも丸とか棒とか漢字とかで可愛さの欠片もありません。

 

そこで萬子、筒子、索子をうさぎさん、くまさん、ぶたさんに変えます。

 

女性が好きな動物トップ3(おれ調べ)という強力なラインナップを用意しました。

 

ついでに字牌

 

東、南、西、北→東、方、神、起

 

白、撥、中→櫻井君、松潤、二宮君

 

このように変更します。

 

ちなみに大野君と相場君はドンジャラで言うところのオールマイティー枠です。

 

これで韓流ファンと嵐ファンという巨大な二つの勢力を同時に取り込むことができます。

 

ここまできたら女性の方もまぁ~ぢゃんがやりたくて仕方なくなってきたんじゃないでしょうか。

 

最後にダメ押しの麻雀用語です。

 

麻雀にはチー、ポン、カン、リーチ、ツモ、ロンという用語があります。

 

若干可愛いらしい雰囲気を醸し出してますけどまだ駄目です。

 

ここでようやくルールを憶えやすくする工夫を凝らすべきときがきました。

 

使い慣れた言葉ほど憶えやすいものはないということで。

 

リーチ→鬼アツ~!

 

ロン→マジうけ~!

 

ツモ→うぇ~い!

 

チー、ポン、カン!→あざ~っす!

 

意味的には同じなんでもうこれでいいです。

 

※面倒臭くなったからてきとうに考えたとかじゃないです。

 

さて、どうですか。

 

もうまぁ~ぢゃんやりたすぎてアマゾンで麻雀卓買っちゃったんじゃないですか?

 

というわけで。

 

女性の方でも興味あれば

 

“今までの話を全て忘れて”

 

まずは簡単な役から憶えてみてはいかかでしょうか。

 

~後日談~

 

調査の結果、真の理由はタバコと男臭い雀荘だったことが判明しました。