暇なときにでも

日々起きた出来事やふと思いついたことを書きます。たまに本、映画、広告のことも。

そうだヨーグルト、買いにいこう

 

毎朝食べているヨーグルトを切らしてしまい

 

近場のコンビニへ補充しにいくことに。

 

お目当ての品を見つけ手を伸ばそうとすると

 

「あっ…」

 

同時に隣にいた人も手を伸ばそうとしていました。

 

「すいません…」

 

そのヨーグルトは一個だけしか残っていませんでした。

 

「どうぞ、気にせず買ってください」

 

相手の人はとても真面目そうな女性でした。

 

「いや、そんな、悪いです…」

 

お互いに譲り合う形になってしまいました。

 

「僕の方がコンマ一秒遅かったんで」

 

「うーん…それじゃあ…」

 

強引なこじ付けでしたがなんとか納得してもらえたようでした。

 

気まずい感じになってしまったので足早に店を出ようとすると

 

「待ってください…!」

 

「…?」

 

振り返ると先程の女性がいました。

 

「やっぱり悪いんで…お、おひとつどうぞ!」

 

最初は何のことを言ってるのか分かりませんでしたが

 

おそらく三つでワンパックになっているヨーグルトを

 

一つおれに譲ってくれるのだろうと察しました。

 

「ありがとうございます」

 

断るのも野暮だと思い受け取ることにしました。

 

その後、奇妙な偶然と言うべきか、帰りの方向が同じだったので

 

二人並んで帰ることになりました。

 

しばらくの沈黙が続くと、相手の方から話題を振ってくれました。

 

「ヨーグルトお好きなんですか?」

 

「はい、お腹に優しいんで」

 

「…」

 

二秒で会話は終了しました。

 

でも、不思議と間はもっていました。

 

やがて、お別れの時間が迫ってきた頃

 

「あ、あの!」

 

「…?」

 

「あそこのコンビニはよく来るんですか…?」

 

「はい、家近いんで」

 

「私もよく使ってます!」

 

「じゃあまた会うかもしれませんね」

 

「はい!」

 

その日から、コンビニへいくのが少し楽しみになりました。

 

 …。

 

そんな出来事があるといいなと期待しつつヨーグルト買いにいってきます。