読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇なときにでも

日々起きた出来事やふと思いついたことを書きます。たまに本、映画、広告のことも。

連絡先の渡し方 to 店員さん

今回は“自然な流れ”で不信感を与えることなく

 

気になる店員さんに連絡先を渡す方法をご紹介します。

 

やり方はいたって簡単。

 

まずはその店員さんの近くで電話がかかってきたふりをしてください。

 

あとは以下の通りにできるだけ大きい声で喋るだけです。

 

 

 

あなた「はいもしもし。

 

・・何だって!?この店に爆弾を仕掛けた!?

 

しかもあと1時間で爆発する!?

 

一体どこに仕掛けたんだ!ヒントは渋谷のハチ公前!?

 

遠すぎる!ここからじゃ往復一時間以上かかるぞ!

 

そんなの無理に決まって・・くそっ!切られちまった!

 

ちくしょう…どうすれば…」

 

すると、あなたの目の前に一人の女性が現れます。

 

店員さん「事情は全て聞かせてもらいました。

 

ここは私に任せて行ってください」

 

あなた「え・・だめだ!危険すぎる!一般人を巻き込むわけにはいかない!」

 

店員さん「ふふ、安心してください。

 

こう見えて私、爆発物処理班にいたことがあるんですよ」

 

あなた「なんという偶然だ!すまないが…ここは君に任せよう」

 

店員さん「はい。私たちで今日という日をいつも通りの一日にしましょう」

 

あなた「もちろんです。あ、忘れてました」

 

店員さん「何ですか?」

 

あなた「これ、おれの連絡先です」

 

店員さん「私たち肝心なことを忘れてましたね。

 

ちゃんと、受け取りましたよ。

 

それじゃあ私たちの命、あなたに預けましたから」

 

あなた「死なせませんよ、誰も」

 

こうしてあなたの長い一日が始まった。

 

――――爆発まであと50分――――

 

どうでしょう。

 

見事なまでに自然な流れで渡せています。

 

自然すぎて逆に不自然なくらいです。

 

あと必要なのはあなたが行動を起こすための勇気と覚悟だけです。

 

たしかに店員と客との間には見えない壁があります。

 

でもそこで諦めたら決して前には進めません。

 

玉砕覚悟でもいいんです。

 

かっこ悪くてもいいんです。

 

そんなあなたの姿を見て作動しちゃうかもしれませんよ。

 

恋の時限爆弾がね!!

 

※おれがドトールでどんな顔しながらこのオチを書いてたかを想像してお楽しみください。