読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇なときにでも

日々起きた出来事やふと思いついたことを書きます。たまに本、映画、広告のことも。

怪人猫男現る【事件編】

深夜1時。

 

夜も更けてきた頃。

 

人気のない道を一人で歩く女。

 

その後ろには自転車に乗った男。

 

女は男の存在に気付いていない。

 

徐々に狭まっていく二人の距離。

 

まだ女は男の存在に気付いていない。

 

声を発すればお互いに気付くであろう距離にまで二人は接近した。

 

とうとう女は異変に気付いた。

 

後ろから男の鼻歌が聞こえたのだ。

 

男「ふんふんふ~ん」

 

恐る恐る、ゆっくりと、後ろを振り返る女性。

 

女「きゃ・・きゃぁぁぁぁぁぁぁ!!」

 

女は悲鳴を上げた。

 

男に襲われそうになったわけではない。

 

男が何かを盗もうとしたわけでもない。

 

男が露出してはいけないものを露出したわけでもない。

 

男は何もしていないのだ。

 

では何故女は悲鳴を上げたのか。

 

見てしまったからだ。

 

通常ではありえないものを。

 

見てしまったからだ。

 

男の頭から生えていた

 

猫耳”を。

 

ゴロゴロピシャーン!

 

ここで雷が鳴ったらいい感じになるなって思っただけです。

 

さておき。

 

この話を先に進めるためには

 

二十分程前まで時間を遡り

 

この日のバイト終わりに

 

何があったのかを知る必要があります。

 

真相編に続く。