読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇なときにでも

日々起きた出来事やふと思いついたことを書きます。たまに本、映画、広告のことも。

バレンタインのあるべき姿

バレンタイン。

 

それは女性が密かに思いを寄せている男性にその思いの丈を込めたチョコを渡し恋を実らせるという素敵なイベント。

 

しかし、その一方で女性と縁のない人たちにとっては地獄のようなイベントへと様変わりします。

 

なぜならチョコを一個たりとも貰えないからです。

 

そんなことが許されてもいいのでしょうか。

 

みんなが平等に楽しむことができて初めて!!

 

バレンタインデーは国民のイベントであると言えるんじゃないでしょうか!!

 

そこで提案があります。

 

そもそもチョコを貰っている姿が羨ましく見えてしまうところに問題があるんですよ。

 

じゃあいっそのことチョコを渡さなきゃいいんです。

 

それだと大好きなあの人に思いを告げられなくなっちゃう~!って人は心配ご無用。

 

チョコの代わりに“あるもの”を渡してください。

 

誰でも簡単に手に入れることができて持ち運びもできるもの。

 

そう、“石”です。

 

渡すものなんて思いが込もってさえいればチョコだろうが石だろうが関係ないわけですよ。

 

石だったら表面に「先輩へ 実は前から好きでした」みたいなことを書いとけば手紙の役割も果たせて一石二鳥です。

 

さらにこの提案にはもう一つ重大な効果が隠されてます。

 

例えば学生時代の同級生に女子からモテまくってたイケメンがいたとします。

 

当然バレンタインデーには大量のチョコを貰いますよね。

 

でもそれが全部石だったとしたらどうですか。

 

イケメンの机の上に積み上げられていく石の山。

 

そんな光景を見ても全く羨ましくないです。

 

むしろ持って帰るの大変そうだから貰わなくてよかったーてなります。

 

気付きましたか。

 

今まさに“マイナス”“プラス”へと変わりました。

 

これぞ誰しもが楽しめるバレンタインデーの真の姿なのです。

 

みなさんもぜひ

 

今年のバレンタインデーにはチョコではなく石をあげてみてください。

 

喜ばれる(かは別として気味悪がられる)こと間違いなしです。

 

今回は特別にガードの固い男性を一発でおとせる応用テクニックも紹介しときます。

 

「私、間違えてこんなの持ってきちゃった~☆」

 

ってとぼけた顔しながら巨大な漬け物石をカバンから取り出せば

 

男性から不動の人気を誇る不思議ちゃんアピールによって

 

相手はもうイチコロです。

※ただし個人差あり。

 

あと主婦の方は急いでデパートへ向かってください。

 

もしかしたら今日を境に

 

店頭から漬け物石が消えるかもしれません。