読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇なときにでも

日々起きた出来事やふと思いついたことを書きます。たまに本、映画、広告のことも。

本当にあったら怖い話

今回は創作ホラーです。

 

自分で考えといてなんですが無茶苦茶怖いです。

 

前置きはしましたからね。

 

それではどうぞ。

 

こっくりさん

 

これは私の友達から聞いた話なんですけどね。

 

ある日の仕事終わりに同僚四人で集まって話してたらしいんです。

 

そしたら…。

 

里美「ねぇ!こっくりさんやろうよ!」

 

山田「なんだよ突然」

 

山本「お!懐かしいな!」

 

里美「いいじゃん!実はもう用意もしてきたんだ~」

 

鈴木「どんだけやりたかったんだよ(笑)」

 

里美「じゃあみんな十円玉の上に指を置いて!」

 

山田「めんどくせー」

 

山本「まぁ暇潰しには丁度いいんじゃね?」

 

鈴木「こいつは一度言い出したら聞かないからな」

 

里美「せーの」

 

里美、山田、山本、鈴木。

 

こうして、四人の指が十円玉の上へと置かれた。

 

これが地獄への入口だったとはまだ誰も気付いていない。

 

ある一人を除いて…。

 

山田「質問は何にするんだ?」

 

山本「どうせそれも何か考えてあるんだろ?」

 

里美「ふふふ~」

 

鈴木「準備万端すぎる(笑)」

 

里美「最初の質問いくね!」

 

山本「よし!なんでも来い!」

 

里美「私ね・・・実は“できちゃった”みたいなの」

 

山田「!?」

 

山本「!?」

 

鈴木「!?」

 

里美「それでね、相手は誰なのかな―って。

 

本当はもう分かってるんだけど、

 

念のためこっくりさんにも聞いておこうと思って」

 

山田「じょ、冗談だろ?」

 

里美「冗談でこんなこと言わないんですけど」

 

山田「・・・」

 

山本「いや、やめとこーぜ!」

 

鈴木「そ、そうだな!もっと明るい質問の方が盛り上がるって!」

 

里美「君達がやりたくなくても私はやりたいなー。

 

それに私はこの質問が一番盛り上がると思うなー。

 

どうしてもやりたくないなら私にも考えがあるんだけどなー」

 

鈴木「とりあえずやってみるか!」

 

山田「そうだな!とりあえずな!」

 

山本「とりあえず、な!」

 

里美「それじゃあさっそく始めるね!

 

こっくりさんこっくりさん、この子のお父さんは誰ですか?」

 

・・・。

 

すーっ。

 

・・・。

 

すーっ。

 

・・・。

 

すーっ。

 

十円玉は静かに、ゆっくりと、着実に動いている。

 

そして・・。

 

『や』

 

山田「・・・」

 

山本「・・・」

 

里美「最初の文字は“や”みたいだね」

 

鈴木「なるほどな」

 

山田「おい!なんだよその目は!」

 

鈴木「いいから次いこうぜ」

 

山本「ずるいぞ!一人だけ安全圏に入ったからって!」

 

里美「そうだよね、次々」

 

山本「だからッ・・・」

 

里美「だから何?やめる?

 

こっくりさんに質問したら途中でやめたらいけないんだよ。

 

ちゃんと 最 後 ま で 責 任 持 っ て やろうよ」

 

山本「・・・はい」

 

・・・。

 

すーっ。

 

・・・。

 

すーっ。

 

・・・。

 

すーっ。

 

再び十円玉は動き始める。

 

そして・・。

 

『ま』

 

鈴木「まぁ順当だな」

 

里美「二文字は“ま”だったね」

 

山田「・・・」

 

山本「・・・」

 

山田「あ!忘れてた!まだ仕事残ってたんだ!」

 

山本「おれもおれも!」

 

里美「あー来週の社内報の内容が楽しみだなー」

 

山田「そうだ!たしか田中に任せたんだった!」

 

山本「おれも田中に任せた気がしてきた!」

 

里美「それじゃあ、三文字目だね」

 

鈴木「かしこまりました、里美様」

 

・・・。

 

・・・。

 

・・・。

 

十円玉は動き始めなかった。

 

鈴木「お前ら、十円玉を動かせないように力入れてるだろ?」

 

山田「(うぉぉぉぉぉぉぉ!!)力抜けよ山本、見苦しいぞ」

 

山本「(だらぁぁぁぁぁぁ!!)は?力入れてんのはお前だろ、もう潔く諦めろよ山田」

 

里美「二人ともちゃんと受け入れなきゃ駄目だよ。

 

自 分 の 運 命 と 浅 は か さ を さ 

 

山田「・・・」

 

山本「・・・」

 

ガチャッ。

 

上司「おい!仕事終わったんなら早く帰れ!」

 

山田「あ、すんません!」

 

山本「もうすぐ出ますんで!」

 

上司「電気消し忘れんなよ!」

 

バタンッ。

 

山田「あ・・」

 

山本「あ・・」

 

十円玉はいつの間にか移動していた。

 

『も』

 

山田「そうだと思ったんだよ」

 

鈴木「やっぱりお前だったか」

 

山本「ちょっと待てよ!山本なんてよくある名字だろ!」

 

里美「同じ部署なんだけどなー」

 

山田「たしかうちの部署に山本ってお前一人だよな」

 

鈴木「そう言えば他部署でも山本って聞いたことないな」

 

山本「なんだよ二人して!探せば一人くらい・・!」

 

里美「いないよ。この会社には山本って名字は一人しかいないんだって」

 

鈴木「男だろ、ちゃんと責任取れよな」

 

里美「・・・」

 

山本「・・・」

 

山田「・・・あれ?」

 

鈴木「・・・ん?」

 

山本「十円玉がまだ動いてる・・?」

 

・・・。

 

すーっ。

 

・・・。

 

すーっ。

 

・・・。

 

すーっ。

 

『と』

 

『の』

 

『ひ』

 

『だ』

 

『り』

 

『ど』

 

『な』

 

『り』

 

山田「やまもとの」

 

山本「ひだりどなり?」

 

鈴木「って誰?」

 

里美「おまえだ」

 

男 だ ろ 、 ち ゃ ん と 責 任 取 れ よ な

 

それから数カ月後。

 

里美の名字は鈴木になったそうです。

 

これはただの私の推測なんですけど。

 

ほんとに里美って人はしてたのかな・・。

 

 

 

・・・妊娠。

その優しさはLサイズで

ドトールであったちょっと深いい話。

 

ドトールって味方感ありますよね。

 

困ったときに助けてくれそうな雰囲気といいますか。

 

時間を潰すときはよくドトールで本を読んだりするんですよ。

 

その日も微妙な空き時間を潰すためドトールに行きまして。

 

アイスコーヒーを注文してお会計を済ませようとしたとき、

 

バンの中に財布が入ってないことに気付いたんです。

 

おれ「すいません、財布を家に忘れてきてしまったみたいで・・」

 

と注文をキャンセルしてもらおうとしたら

 

店員「でしたら、次回の来店時に払ってもらえれば大丈夫ですよ」

 

と満面の笑みで返してくれました。

 

マジで恋する五秒前でした。

 

むしろ五秒後でした。

 

こんな対応はマニュアルに書いてないと思うんですよ。

 

優しさという名のファインプレーだったんじゃないかと。

 

この後のレジ点検でアイスコーヒー一杯分のズレが出ますよたぶん。

 

その時きっとこの店員さんは

 

「私がお釣りを渡し間違えちゃったんだと思います」

 

みたいなことを言ってあらぬ責任を負うことになるんです。

 

それに対しておれは財布を忘れたという恥ずかしさから解放され

 

その場ですぐにアイスコーヒーを飲めるようになったんです。

 

こんなお釈迦様みたいな接客できる人そうそういませんよ。

 

もうあの店員さんに後光が差してるのが見えましたもん。

 

そんなわけで、

 

これからは全力でドトールさんをご贔屓させて頂こうと思います。

 

あえて言おうドトールは最高であると!!

 

(絶対に言えない)

 

ジークドトール!!

 

(その翌日に)

 

ジークドトール!!

 

(スタバ行ったなんて)

 

ジークドトール!!

 

(絶対に言えない)

連絡先の渡し方 to 店員さん

今回は“自然な流れ”で不信感を与えることなく

 

気になる店員さんに連絡先を渡す方法をご紹介します。

 

やり方はいたって簡単。

 

まずはその店員さんの近くで電話がかかってきたふりをしてください。

 

あとは以下の通りにできるだけ大きい声で喋るだけです。

 

 

 

あなた「はいもしもし。

 

・・何だって!?この店に爆弾を仕掛けた!?

 

しかもあと1時間で爆発する!?

 

一体どこに仕掛けたんだ!ヒントは渋谷のハチ公前!?

 

遠すぎる!ここからじゃ往復一時間以上かかるぞ!

 

そんなの無理に決まって・・くそっ!切られちまった!

 

ちくしょう…どうすれば…」

 

すると、あなたの目の前に一人の女性が現れます。

 

店員さん「事情は全て聞かせてもらいました。

 

ここは私に任せて行ってください」

 

あなた「え・・だめだ!危険すぎる!一般人を巻き込むわけにはいかない!」

 

店員さん「ふふ、安心してください。

 

こう見えて私、爆発物処理班にいたことがあるんですよ」

 

あなた「なんという偶然だ!すまないが…ここは君に任せよう」

 

店員さん「はい。私たちで今日という日をいつも通りの一日にしましょう」

 

あなた「もちろんです。あ、忘れてました」

 

店員さん「何ですか?」

 

あなた「これ、おれの連絡先です」

 

店員さん「私たち肝心なことを忘れてましたね。

 

ちゃんと、受け取りましたよ。

 

それじゃあ私たちの命、あなたに預けましたから」

 

あなた「死なせませんよ、誰も」

 

こうしてあなたの長い一日が始まった。

 

――――爆発まであと50分――――

 

どうでしょう。

 

見事なまでに自然な流れで渡せています。

 

自然すぎて逆に不自然なくらいです。

 

あと必要なのはあなたが行動を起こすための勇気と覚悟だけです。

 

たしかに店員と客との間には見えない壁があります。

 

でもそこで諦めたら決して前には進めません。

 

玉砕覚悟でもいいんです。

 

かっこ悪くてもいいんです。

 

そんなあなたの姿を見て作動しちゃうかもしれませんよ。

 

恋の時限爆弾がね!!

 

※おれがドトールでどんな顔しながらこのオチを書いてたかを想像してお楽しみください。

うなぎパイ調査兵団

最近うなぎパイを食べてるときに気付いたんですが

 

うなぎパイのキャッチフレーズが“夜のお菓子”だってことを知ってましたか?

 

気になって公式ホームページを調べてみたら説明がありました。

 

一家団欒のひとときをうなぎパイで過ごしてほしい』

 

という社長の願いから決められたんだそうです。

 

そこで一つの疑問が生まれました。

 

夜とうなぎってそれもう“性ッ!”関連のことを狙ってるんじゃないのかと。

 

これについても説明がありました。

 

『当時の浜松は夜の繁華街として賑わっていたため

 

あらぬ解釈をしてしまった人も多かったようです』

 

なるほど。

 

この人たちあくまでシラを切り通すつもりのようです。

 

これは追及の余地ありと判断して調査を続行します。

 

新たな証拠をホームページにて発見したのでそちらをご覧ください。

 

『パッケージに関しては発売当初のものが今一つウケがよくなかったので

 

お客様のあらぬ勘違いを逆手にとりマムシドリンクのカラーを参考にしたら

 

好評を得ることが出来ました』

 

白々しいわ!!

 

やつら完全にこっち側に非を被せにきてますよ。

 

そして今度こそ決定的な証拠を掴んでしまいました。

 

新商品『真夜中のお菓子 うなぎパイ V.S.O.P』なるものがあるらしいです。

 

商品説明によると

 

うなぎパイの頂点を極めた最高級パイ

 

あなたの満ち足りた夢の世界のお供に・・』

 

狙っとるやないかい!!

 

真夜中に夢の世界ってそれもう“性ッ!”方面のことだろと。

 

みなさん

 

もし彼氏がドライブデート中に立ち寄った浜名湖

 

うなぎパイもしくはうなぎパイV.S.O.Pを買っていたら

 

それなりの覚悟はしておいた方がいいですよ。

 

もしかしたら数年後

 

一家団欒のひとときをうなぎパイで過ごしてるかもしれません。

怪人猫男現る【真相編】

「ジャンケンで負けたやつあれつけて帰ろうぜ」

 

全ては先輩から放たれたこの一言から始まった。

 

事務所の机には雑誌の付録と思われる“それ”が置いてあった。

 

f:id:akiyamakaeru:20170418222340j:plain

 

今回の話のキーアイテム猫耳です。

 

ここだけの話、売れ残った雑誌の付録はバイトがもらえたりします。

 

その後のジャンケンの詳細は省きますが、おれは負けました。

 

みんなと別れるまでは猫耳を外してはいけないのがルール。

 

逆に言えばみんなと別れてからは外してもよかったんです。

 

しかし、おれはここで致命的なミスを犯します。

 

みんなと別れた後も、頭につけた猫耳の存在を完全に忘れてしまい

 

そのまま鼻歌でウルトラソウルを歌いながら自転車をこぎ始めてしまうという。

 

前方に女性が歩いていることに気付いていないおれ。

 

後方から猫耳をつけた男が迫ってきていることに気付いていない女性。

 

鼻歌がサビに近づくにつれテンションが上がっていくおれ。

 

不気味な鼻歌の存在に気付き後ろを振り返る女性。

 

そして…。

 

おれ「ふふんふんふふ~ん(そして輝く)

 

ふんふんふんふんふ~ん!(ウルトラソウッ!)」

 

女性「きゃぁぁぁぁぁぁ!(へいッ!)」

 

なぜ女性に悲鳴を上げられたのか理解出来ず

 

ひたすら落ち込みながら帰りました。

 

そりゃ深夜一時過ぎに鼻息の荒い猫耳男が迫ってきたらビビりますよ。

 

ほんと申し訳なかったです。

 

 

 

「ねぇねぇ知ってる?最近ここら辺出るらしいよ」

 

「どうせまたなんかの都市伝説だろ」

 

「今度は違うの!私の友達が見たんだって!」

 

「何をだよ」

 

「・・・怪人猫男」

 

こんな噂が流れ始めたら

 

「そいつ実はめっちゃいいやつで見た人には幸運が訪れるらしいよ!」

 

って付け加えといてください。

怪人猫男現る【事件編】

深夜1時。

 

夜も更けてきた頃。

 

人気のない道を一人で歩く女。

 

その後ろには自転車に乗った男。

 

女は男の存在に気付いていない。

 

徐々に狭まっていく二人の距離。

 

まだ女は男の存在に気付いていない。

 

声を発すればお互いに気付くであろう距離にまで二人は接近した。

 

とうとう女は異変に気付いた。

 

後ろから男の鼻歌が聞こえたのだ。

 

男「ふんふんふ~ん」

 

恐る恐る、ゆっくりと、後ろを振り返る女性。

 

女「きゃ・・きゃぁぁぁぁぁぁぁ!!」

 

女は悲鳴を上げた。

 

男に襲われそうになったわけではない。

 

男が何かを盗もうとしたわけでもない。

 

男が露出してはいけないものを露出したわけでもない。

 

男は何もしていないのだ。

 

では何故女は悲鳴を上げたのか。

 

見てしまったからだ。

 

通常ではありえないものを。

 

見てしまったからだ。

 

男の頭から生えていた

 

猫耳”を。

 

ゴロゴロピシャーン!

 

ここで雷が鳴ったらいい感じになるなって思っただけです。

 

さておき。

 

この話を先に進めるためには

 

二十分程前まで時間を遡り

 

この日のバイト終わりに

 

何があったのかを知る必要があります。

 

真相編に続く。

トイレに行くという覚悟

お腹が痛いと感じたらトイレに行く。

 

それは誰しもが行きつく思考回路の終着点。

 

しかし極寒の地に住むエスキモーの方々は少し違います。

 

お腹が痛くなったらどうするか。

 

そう問われたらこう答えるはずです。

 

「ギリギリまで我慢します」と。

 

エスキモーの方々の住む地では少しでも肌を露出した状態でいるとその寒さから凍傷になってしまうのだそうです。

 

なのでズボンを下ろした状態で踏ん張るなんて時間は最小限に抑えなければなりません。

 

つまりうんことの駆け引きが重要になってくるわけです。

 

今まで自分たちがいかに生ぬるい生活を送ってきたか実感せざるを得ませんね。

 

想像してみてください。

 

もしエスキモーの方々の家にホームステイすることになったとして

 

ちゃんと馴染めるかどうかの不安を抱えているわけですよ。

 

なんとか家の方たちと和気あいあいとした雰囲気で食事を終えた後

 

お腹の調子が悪くなってトイレを借りようとしたら

 

あなた「ちょっとトイレに行ってきますね」

 

エスキモーの方「待ちなさい」

 

あなた「・・・?」

 

エスキモーの方「トイレに行きたいと思ったのはいつだね?」

 

あなた「ついさっきですけど・・」

 

エスキモーの方「バカ野郎がぁ!!」

 

あなた「・・・!?」

 

エスキモーの方「トイレに行くってことはなぁ!!生きるか死ぬかの瀬戸際に立たされるってことなんだよぉ!!生半可な気持ちでぇ!!やっていいことじゃねぇ!!覚えとけぇい!!」

 

あなた「お、おっす・・」

 

みたいなことになってしまわないためにも

 

今後は限界まで我慢してからトイレに行くよう心掛けてみてはいかがでしょうか。

 

朝の通勤時、駅のトイレがいつまで待っても空かず

 

社会的に生きるか死ぬかの瀬戸際に立たされたおれからの切実な提案でした。